人材バンクネット

人材バンクネットとは?

キャリアコンサルタントと考える、私のキャリア。

高橋 芸臣

中小人材エージェントを中心とする営業に従事し、担当した人材紹介会社は2000社超。
「人材バンクネット」の営業マネジャー兼プロジェクトのリーダー

人材バンクネットはどんなことをしていますか?

ビジネスパーソンに対して次のキャリアを考える、実現する機会を提供しています。
それら機会に寄り添っているのが人材紹介会社に所属するキャリアコンサルタントです。

人材バンクネットは誰がどんなふうに使っていますか?

▼ビジネスパーソンが、
・自分が希望する求人情報を探せる。
・自分が希望する領域に強みを持つ人材紹介会社、キャリアコンサルタントに相談できる。
・転職に関するノウハウを学べる。
▼人材紹介会社、キャリアコンサルタントが、
・自社(自分)の特徴をビジネスパーソンに広く周知できる。
・ターゲットとしているビジネスパーソンの誘導を図ることができる。

人材バンクネットが目指すビジョンは何ですか?

ビジネスパーソン一人一人が自分らしいキャリアを見つけ、実現できていることです。 そこに貢献する存在として人材紹介会社、キャリアコンサルタントが存在し、結果的に人材紹介会社やキャリアコンサルタントの社会的地位が向上していけば良いと考えています。

人材バンクネットのアクセス数、ユーザープロフィールの特徴

約160万PV。月間ユーザー数 約33万人。新規会員数2000名。
30代、40代が全体の62%を占め、ミドル層の求職者が多い。職種は管理部門系が全体の約25%、続いて営業14%、サービス系9%。

どんなメンバーが、どんな風に働いていますか?

営業、システム、コンテンツ制作、事務局の各メンバーが、いかに自分の業務を超えて事業に関わるかを意識しながら仕事をしています。営業はコンテンツ回りにも口を出しますし、制作メンバーは自分たちの施策が顧客にどのように役立ったかを関心持って聞いてきます。
人材紹介会社に対しては、単にメディアを提供するのではなく、膝を突き合わせながら課題解決の術を提案しています。時に課題解決する手段が他社のサービスの方が良いと判断すれば素直に進める商売下手なところもあります。 また、月1〜2回、人材紹介会社を招いてワーク形式の勉強会を開催しています。若手向けから経営者向けまで幅広く用意しています。人材紹介会社は人材育成、同業他社との情報交換の場として利用されています。

人材バンクネットイメージ
  • 日本の人事部公式facebook
  • 日本の人事部公式Twitter
  • プライバシーマーク
  • AJIJ